覚書き

小林陽太Yohta_Kのブログ

石の上にも三年

なにごとも続けてみたからこそ分かってくることがある。

寧ろ続ければ続けるほど分からなくなってくることもある。

 

好きなことは素朴に大事にしたい。

好きでないことでも巡り合ってせざる負えないことは、三年くらいは続けてみたほうがいい。

それは必ず、将来の自分の糧になると思うからだ。

買った物事、サービスは、使用してしまえば直に消えてしまう。

しかし、自ら働いて身に着けた技術と知恵は簡単に消え失せてしまうものではない。

 

出来る物事が増えるほど、日々は楽になる。

楽になればなるほど、楽しくなってくる。

楽しくなってくると、仕舞いには誰かにそれをお裾分けしたくなってくる。

それが『守・破・離』だ。

 

何かをしたいなら、それら技術や知恵を磨いておくことだと思う。

そして、そこに最後に命を吹き込めば、立派な作品だ。

それらを可能にさせるのは、日々の習慣とそれを支える情熱である。

 

創造的な物事をするには、決してそれを忘れてはならない。

それは、私が失敗から学んだことでもある。

 


Berry Weight - The lotus feat. Astrid Engberg and ASM

幸せ

 「・・・幸せですか?」

 先日、こんなことを訊かれた。私はそういう質問を何度か受けたことがあるから、困ることなくこう答えた。

 「半分&半分ですね」

 まるで、ピザの注文を電話越しにするときに「ハーフ&ハーフでお願いします」と言うような答え方だ。

 

続きを読む

三施について

 今日のテーマは「三施(さんぜ)」について。

 

 三施とは私が造った言葉である。生活をする上で、重要な“態度”であり、この3つが自然に出来る状態は“徳がある”と一般に呼ばれる状態である。(正確には徳が降りてきたともいえる)

 三施とは、素直な心持ちにて(古神道的には直霊に従う状態)、“謙虚・感謝・行動”の3つを為すことであり、私の思想では“時空・語像・形質”の三相に対応した生活習慣のようなものである。この三施を身に付けて自然に為せるということは、スムーズな人間関係を運ぶことに繋がり、“家庭・学校・会社”で上手く物事を運ぶ上で大事。(と、察している。)

 

f:id:coco4ococ:20161006204103j:plain

 

続きを読む

Yohta KOBAYASHI (C) 2016-20XX