覚書き

小林陽太のブログ(日曜日更新)

研究

二つのベクトル

そういえば、『Yes!高須クリニック!』じゃないけども、暮らしの全てにYes!な状態って、スゴイよね、と今では思う。 いいのもわるいのも全部、Yes、Yes、Yesだよ? それって、おれは生と死をまるごと肯定しているということなんじゃないかなって今では思っ…

私の研究について

研究を始めて、そろそろ13年目になり、その内容は陰陽論という。 簡単にいえば、世界のあらゆる事・物・人を、対峙的かつ相補的に知見してまとめてゆくという内容だ。(勿論、経験も大切だ) 詳しい内容については、こちらのWikipediaの記事が参考になると思…

夫婦のお話

ここ数日、本当に冷え冷えとするような冬晴れが続いております。 先日は夜中の雨ののちに、路面の凍結が目立ちましたが、徒歩で出勤すべきだったかなと、後で反省しました。 仕事中に悴んだ(かじかんだ)手を、絞った雑巾を、その冬晴れの元で所定の場に干…

ブログの有効活用など

2018年が明け、正月も終わりといったところだろうか? (※Youtubeによる音楽の紹介は今年から辞める!) ところで、3月までに電子書籍を発行しようかと思っていたが、迷っているところである。 ブログでいいのではないか?あるいはPDF化して、ブログに添付ア…

魂の次元②

以下、メモ。 以前、内向性と外向性にまつわる数理モデルというような記事を書いていたが、アイデアは良かったがシンプルではなかったと反省している。あれから、よりシンプルな考え方をするようになり、内向性と外向性、即ち本質/存在と現象/消滅の対比を以…

魂の次元①

Twitterより転載(以下メモ) おはようございます。よい一日になりますよう♪ 5:00 - 2017年10月18日 Ds;Dimension of Spiritは、本質界と存在界における魂の次元のようなもので、スピ界隈などでよく「5次元」とか「7次元」とか言っている人を聴くかと思いま…

外向性と内向性の数理モデル

心理学者ユングC.G.Jungの分析心理学を前回の蓮華方程式に応用してみる。今回は“外向性ExternalState”と“内向性InternalState”の視点を取り入れる。 (尚、分析心理学は以下) 分析心理学 作者: カール・グスタフ・ユング,小川捷之 出版社/メーカー: みすず…

『いまここ』について

今日は日差しが強くて、一杯日焼けしたな。 ポスティングのバイトだ。5時間で700件くらい配達出来たので嬉しい。 Candide Overture: Leonard Bernstein conducting

哲学には赤ワインを添えて

ーー3月末まで自衛隊と公務員を足して2で割ったようなお仕事をしていた私であるが、それを辞めてからも非常に贅沢なひとときを送らせてもらった。 そして、最近になって無性に官能小説が何故か書きたくなり、ゆっくりと「書かせてもらって」いる。 真面目…

Yohta KOBAYASHI (C) 2016-20XX