覚書き

陽太のブログ

好きに生きる③

 今日は暑かったけども、とっととシゴト終わらせて昼に帰ってきた。

 来週頭に、水戸ライトハウスに用事出来たので、バイクの整備もした。

【宣伝】

soundcloud.com

Music活動の件は、Sound Cloudや他SNSに登録しました。

好きに生きるの補足

 以前、こんな記事を書いた。

 

chisana-taiyo.hatenablog.com

chisana-taiyo.hatenablog.com

  今日は、もっとシンプルに「好きに生きる③」方法について述べたい。

 

好きに生きる方法

 実はとっても簡単なのかもしれない、ある方のご意見に妙に納得したので以下。

  • とりあえずOutputしまくればいいのだ!(気軽にEnjoy)
  • ハードルは低く、アティチュード(志)は高く!(No.1でなくてOnly.1
  • うんこしっこしないと、新たな飲食もできません。
  • 生きる(暮らしを営む)とは“為す”ということだ!(一般職の心得)

 

 それでね、ポイントは上記の「好きに生きる②」でも述べていますが、“失敗を恐れないこと”なのではないかと思います。(日本人は失敗を嫌う)

  • 最初から自信なんてないし、それを気にするな。(減価償却
  • 要になってくるのは好奇心と行動の持続。(ゴールデン・ファイヤー
  • 大切なことは無知と偏見を捨ててベストを尽くすこと。(いまここ
  • 本当に得意な物事は、自身の劣等感の部分にある。(※)

 こういうことをよく胸に留めておくことが大切ではないかと私は考える。

 

何故、劣等感の部分に得意な物事があるのか?例えば次のような例を考えてみる。

 例:コミュニケーションが下手だな下手だな・・・と悩む人は、実は一般的な人よりもコミュニケーションについてよく経験し学んでいる人なので、多くの人よりもコミュニケーションが上手くなる可能性、未来、夢が生じる。

 つまり・・・、

  • ○○ではないなぁと劣等感を抱き、(その改善・受容のために)努力し続けてきた人○○な人に誰よりも近づく。

 ・・・ということであり、実は「○○な人とは、最も○○ではないと思い努力してきた人」なのだということ。(関連記事は以下;記事中の「追伸」の部分にソレがあります)

 

chisana-taiyo.hatenablog.com

 

 

 

 要は、好きに生きるってことは・・・、

  • こどものように遊んで、老人のように考え感じなさい。

 ・・・ということではないか。

 まるで、ガンジーの格言にあるように、

  • 『明日死ぬかのように生きなさい、永遠に生きるかのように学びなさい』

 みたいやなぁーと思いますが、私の格言でいえば、

  • 「哲学とワイン、そしてゆで卵」

 ちゅうことになるんだろうなと思います。

 

そのための準備と計画

 それで、簡単な準備をしておけば大丈夫だ。

 そのポイントは、何度も紹介しているけども、以下にある。

 

chisana-taiyo.hatenablog.com

 具体的には・・・、

  • やりたいことはなにか”の棚卸し。(出来れば優先順位を
  • やらなきゃならないこと”の整理とメモ。(カレンダー記入など
  • 経済基盤の確保。(Oh、ベーシック・インカムが普及していれば)

 例えば、私の好きなことは、①文芸活動、②写画活動、③音楽活動、④その他(研究等)があります。

 また、私のやらなきゃならないことは、①広い意味での社会生活上の手続き、②あらゆる減価償却に纏わるケア、③副業とその適性、④その他があります。

 

 そして、何よりも大切なのは・・・、

  • 生活習慣の形成。(それが何なのかは人それぞれですが・・・)

  私の場合は、生活習慣は「セルフケア」にあるのかなと思います。

 ここでいうソレとは、“部屋の掃除してますか~?”とか、“よく眠っていますか~?”とか、そういう本当に基礎的なことですね。

 

追伸

成功する方法について

 こちらで、箇条書きだけしておきます。

 尚、何を持ってして成功、あるいは失敗というのかは人それぞれですが、いわゆる一般的な意味での成功・失敗を前提として。

 

【成功する方法】

  • 行動第一にて、経済至上主義になること。
  • 謙虚は忘れ、感謝は極力せず、自身の欲望に忠実になること。
  • 反責任と自由の感覚を持つこと。
  • 例えばこどもの多い時と場で、恐怖されるような人になること。
  • とにかく家庭人であるな。
  • その他・・・。

 

 ・・・それでも、成功したいですか?(ファイヤーというよりフィアー

 それで、例えるならば重要なのは・・・、

  • 「歴史(言葉)は勝者が書いた巻物」である。

 ・・・ということなのです。

 好きに生きるためのヒントでした。(からくり

 


Who Will Save Your Soul - Jewel lyrics

(My favorite song, In those days I had practiced this♪)

 

 駄文失礼、ご拝読ありがとうございました。(黙想)