覚書き

小林陽太Yohta_Kのエッセイ

メディアの一般公開

冬将軍真っ只中みたいな感じですが、昨日今日休みということで、久々にVolice Messageを大量に録音。

一般公開をしようかなと思うのですが、リスクもあるので迷う部分もあります。

もう、録音は1年以上続けて参りましたので、その中から幾つかピックアップして掲載してゆければと思いますが、どうなることやら。

 

音楽等については公に既に活動して居りますが、Voice Messageは控えようと考えています。

ただ、本当に需要があるならばしてもいいのかなと思ったりもします。(いや、無いだろう……)

あと、Privateな仕事、つまりボランティアと、Publicな仕事、つまりビジネスにおける対価や評価の目安のようなものも考えましたので、それを基に経済活動もやってゆこうか検討中です。

 

「そもそも、おまえ誰なんだよ!」という感じですが、プロフィールを公にしていない部分があるので、社会人として公にすべき部分はしなければなとも思ったりも……。

まぁ、みんな暇じゃないですからね、こんなVoice Message聴いている暇があったら、もっと別の活動していることでしょう。

ただ、私がやりたいことをやるという姿勢は今後も失いたくはないと思っています。

 

先日、知人のKさんが「自由に生きること」と「好き勝手に生きること」は違うという話をしていたのが印象的でした。

私のいう「好きに生きる」は、前者だけではなく後者の意味合いも含んでいるのかもしれませんので、環境との調和という意味での分析が必要でしょうか。

 

追伸:今度、Kさんの番組に出演してきます。みんなでお酒の呑みながら談話。ツイキャスで公開されるのかな?Voice Messageのようなものです。

Yohta KOBAYASHI (C) 2016-20XX